Training

【筋トレ歴10年が】筋トレが続かない人のモチベーションを上げます

自分を変えたくて筋トレを始めたけど、3日しか続かなかった。本当は変わりたいし続けたいんだけど、「辛い」、「面倒くさい」という気持ちに負けてしまう。どうすればモチベーションを維持して続けられるのか教えて欲しい。

こんなお悩みにお答えします。

かく言う僕はガリガリがコンプレックスで筋トレを始めた1人でして、自宅トレ5年、ジムで5年の筋トレ歴があります。

週2~3回のペースでトレーニングしてたのですが、現在は双子が産まれてクソ忙しくなり、1年くらいサボり中です。

さて、個人的な話は置いといて、筋トレが続かない人は「なんで10年もできんの!?」って話ですよね。

これにはモチベーションを上げる考え方や、続けるコツがあります。今回はそれを紹介していきたいと思います。

この記事の内容
  • 筋トレが続かない人のモチベーションを上げます。
  • 筋トレを続けるコツをご紹介。

読み終わると今からでも筋トレをしてみようという気持ちになると思います。

気持ちが落ちてきたら、繰り返し閲覧してみるのもオススメですよ。

筋トレが続かない人のモチベーションを上げます

どうやってモチベーションを上げるかといいますと、僕が筋トレをして良かったこと、マジで得したことなどをお話ししていきたいと思います。

以下がラインナップです。

  • 自分に自信がつく。
  • 健康的な体を手に入れることができる。
  • 筋肉はお金じゃ買えない。
  • 肉体改造に成功する人は自己管理ができる人である。
  • 生活にハリがでて、仕事が苦にならなくなる。
  • 考え方がポジティブになる。
  • 向上心が高まり、生活にも良い影響を与える。
  • 筋トレ1年続けられる割合は4%以下!あなたも4%に入れるかも。
  • 人生の成功者ほど筋トレをしている。

こんな感じですね。

結構多いので、興味あるところ見るだけでもモチベーションアップすると思いますよ。

自分に自信がつく

コンプレックスを克服することは大きな自信に繋がりますね。

逆に筋トレを途中でやめてしまえばコンプレックスを克服することはできず、また同じことで悩むことになります。

僕が自信がついて変わったと感じるのは以下のようなこと。

  • 他人との接し方
  • 立ち居振る舞い
  • 話し方

行動が変わると本当に人生が変わりますね。

前までの僕では考えられなかったような積極性や行動力も身に付いたと思います。

筋トレは自分に自信をつけ、人生をより良い方向に導いてくれます。ぜひこれを念頭に置いて続けてみて下さい。

健康な体が手に入る

筋力をつけると健康的な体になります。色んな病気も予防できますね。

例えば以下のようなの。

  • 腰痛
  • 膝痛
  • 肩痛
  • 糖尿病

体のあちこちの痛みは筋力不足が原因であることが多く、筋肉をつけることで予防できます。

また、筋トレは糖をエネルギーとするので糖尿病を予防できるとも言われていますよ。

病院にかかる時間やお金のことを考えると、トレーニングしておいて損はないと思いますね。

筋肉はお金じゃ買えない

筋肉はお金じゃ買えません。プライスレスです。

もしあなたが筋肉をつけて理想的な肉体を手に入れたとしたら、お金持ちにも羨ましがられるかもしれませんね。

筋肉はお金じゃなく、努力の証です。

自分磨きに努力ができるって素晴らしいことだと思いますよ。

肉体改造に成功する人は自己管理ができる人

肉体改造に成功する人は自己管理ができる人です。

理想的な肉体になれたとしたら、自分の体重をコントロールする術がわかっており、それを実行できる力がついているということになります。

自己管理ができる人は魅力的ですね。

筋トレをすると自然と自己管理能力が高まっていくので、ぜひ続けて欲しい所です。

生活にハリがでて、仕事が苦にならなくなる

体力がつくと元気になりますし、仕事が苦にならなくなりましたよ。

これは僕が立ち仕事だったからかもしれませんが、何か頼まれると「カロリー消費できる」とか「筋トレになる」とか、面倒ごとを脳内変換してました。

あまり「面倒くさいなぁ」と思うことがなくなりましたね。

体力に余裕ができると仕事にも余裕ができるようになりますよ。

考え方がポジティブになる

僕は筋トレをしてから考え方がポジティブになりました。

実際に筋トレをすると以下のホルモンが分泌されると言われており、これらにより考えがポジティブになります。

  • テストステロン ⇒ 意欲の向上
  • セロトニン ⇒ 精神安定、気分高揚
  • ドパミン ⇒ 意欲の向上、快を感じる

テストステロンは男性ホルモンで、筋肉の増強や男らしさに関与しますね。

セロトニンとドパミンは「幸福ホルモン」とも呼ばれており、ストレスに強くなったり、意欲が高まったりします。

筋トレをするとこれらが分泌されるので、ポジティブになれるわけです。

向上心が高まり、生活にも良い影響を与える

筋トレをすると向上心が高まるので、それが人生を変えるきっかけになるかもしれませんよ。

さきほど紹介したテストステロン、セロトニン、ドパミンなどが分泌されることにより意欲が増し、向上心が高まります。

僕がこのブログを始めたのも筋トレして意欲が高まったからだと思います。

 「自分をさらに磨くためにどうしたら良いか」を考えてたらこのブログにたどり着きました。結果、始めた時よりライティング力が高まったと思いますし、色々な発見があって面白いですね。

筋トレをすると、マンネリした人生を変える考え方ができるようになると僕は思います。

筋トレを1年続ければあなたも4%の仲間入り

面白い調査結果を見つけまして、筋トレを1年続けられる人の割合は約4%だそうです。

2016年にリオデジャネイロフィットネスセンターで5240人を対象に「入会から1年間の実態」を調査しました。

その結果、1年間筋トレを継続できた人はなんと「3.7%」だったのです。

引用:MuscleMealsBlog

これはフィットネスジムでの継続の結果でして、筋トレとなると1年継続できるのは僅か「0.3%」というデータもあるそうです。

あなたがもし筋トレを1年続けることが出来れば4%の仲間入りです。

これってすごくないですか?

筋トレは3~4ヶ月続けられるのも2割くらいしかいないです。この習慣づけまでが大変なんですよね。

しかし、これを乗り越えてしまえば息をするように筋トレができますので、3~4ヶ月、まずは続けることができれば4%の仲間入りは近いですよ。

人生の成功者ほど筋トレをしている

人生の成功者ほど筋トレやスポーツをしている率が高いです。

今まで紹介したのと重複しますが、以下の理由からですね。

  • 身体を鍛えると健康的になれる。
  • テストステロン、セロトニン、ドパミンなど、意欲や行動力に繋がるホルモンが分泌される。
  • メンタルが強くなる。
  • 自信に繋がる。
  • 鍛えて損することはなし。

実は筋トレはビジネスに有利になる要素を育てることができるため、成功者は筋トレをしていることが多いんです。

そして運動習慣は年収にも関係します。

 トロント大学の研究から、「運動習慣と年収には相関関係がある」という結果が出ました。運動をする頻度が高い人ほど年収も高い、という統計が出ているのです。

年収750万円以上の層と300万円以下の層を比較すると、運動する回数の差はなんと2倍にも及びました。

参考:study hacker

筋トレを続けることができれば自分が変わり、年収もアップするかもしれませんね。

筋トレが続かない人が続くようになるコツ

「モチベーションアップしただけじゃ続かないよ!」って人に、続くようになるコツをご紹介していきたいと思います。

以下の6つが大切になります。

  • 目標設定をする
  • 結果はすぐにでないことを覚えておく
  • 筋トレの時間を必ず確保する
  • 筋トレやダイエットについての正しい知識をつける
  • 成果を誰かと共有する
  • やめたくなったら初心に帰る

これらは10年間、僕がやってきたことです。詳しくご説明します。

目標設定をする

何かを継続する上で目標設定はマジで大切です。

この目標を立てる上で注意することが2つあります。

  • 短期間で達成できる目標にする
  • 数字で具体的に立てる

これらを踏まえた目標例がこんな感じですね。

目標例:3か月後までに体重をキープしつつ、体脂肪率を3%減らす。

いきなり大きな目標は達成できずに終わるか、期間が長すぎてやめたくなる可能性大です。

小刻みに目標を立てて、達成したらまた目標を立てるようにしましょう。

すぐに結果は出ないことを覚えておく

筋トレはすぐには結果は出ません。

特に筋トレの初心者や知識が浅い方は、結果が出るまで3ヶ月はかかることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

よくYouTubeで「1週間で〇kg落とす!」とか「1ヶ月でこの体にできる筋トレ!」とかありますが、ハッキリ言って期待しない方がいいです。

あれは筋トレとダイエットの知識が豊富な人だからこそできるので。

すぐに結果が出ないことを知っておくだけでも続けられる率が違うと思います。

やり方さえ間違っていなければ成果は必ず出るので、気長にやってみることをオススメしますよ。

筋トレの時間を確保する

次の〇曜日の午前中は筋トレの時間!

こういった感じで、筋トレの時間を確保しましょう。そしてそれを実行してください。

さらに言えば筋トレのメニューを決めておくのもオススメです。何をやればいいのかがわかりますので、中だるみしませんよ。

筋トレやダイエットの正しい知識をつける

筋トレ、ダイエットの知識をつけるましょう。

なぜなら、正しい筋トレやダイエットの知識をつけて実践することで、効果を早く実感できるからですね。

これ結構重要でして、効果が身体に見えてくるとトレーニングが楽しくなってきます。この感覚がモチベーションの維持につながるんですね。

現在は知識をつけるにも便利な時代です。

  • インストラクターに聞く
  • ネットで調べる
  • 本で調べる

暇な時間に調べてみることをオススメしますよ。

成果を共有してみる

筋トレ仲間ができたり、スポーツジムで他の会員と仲良くなったりすることもあるでしょう。

そんな人たちと成果を共有してみて下さい。その会話の中で、褒めたり褒められたりすると思います。

人間には承認の欲求というのがあるので、褒められれば嬉しいですし、褒められるように努力します。

このため

「褒められた!頑張ってよかった!」
「あの人すごい!私もああなりたい!」

こんな感じでモチベーションが高まるんです。

お互いに良い効果ですよね。身近に会話できる人がいたら是非やってみて下さい。

やめたくなったら初心に帰る

やめたくなったらちょっと初心に帰ってみるのもいいですね。

そうすれば「あ、やめたらまた同じだな…」と気付けるからです。

あなたが筋トレを始めたきっかけって何ですか?

  • 友人や恋人に太ったといわれたから
  • 運動不足だと感じたから
  • ガリガリだから ← 僕これ
  • キレイになりたいから

上のような感じでしょうか。

変わろうと思って筋トレしたのに、やめたらまた同じことで悩むことになります。

僕は男なのにガリガリ過ぎて「女の私の方が力ある」とか言われたのがショックで、ずっとその悔しい思いをバネに続けました。

途中でやめてたら悩み続けてたと思いますが、今は変わって解消されました。

「絶対に見返してやる」
「絶対に変わってやる」

こういう思いを持って頑張ってみて下さい。きっとうまくいくと思いますよ。