Other

太りたくても太れない5つの原因と、確実に太るための改善策

昔から体の線が細くて現在もガリガリ。カロリーが高めのポテトチップスとかスイーツとか食べてみたけど、一向に太る気配がない。ガリガリすぎる体はコンプレックスだから太る方法を教えて欲しい。

こんなお悩みを持つ人に向けた記事です。

僕もガリガリで悩む一人でしたが、身長166cm体重49kgから56kgまでの増量に成功しました。筋肉をつけての増量だったので、健康的に体重を増やすことができましたよ。

この経験を元に太る方法を書いていきたいと思います。

僕もすごいガリガリだったのがコンプレックスでして、筋トレを始めて体重を増やしました。それから筋トレにどっぷりハマり、歴は10年になります。

だからガリガリの人の気持ちはとてもよくわかります。

頑張って色々やっても体重が増えないんですよね。

なのでこの記事では「ガリガリの人が無理なくでき、確実に太る方法」というのをコンセプトにしながらお伝えしていきたいと思います。

僕は体を大きくするために筋トレをしましたが、筋トレを必ずやりましょうというわけではないので安心して下さいね。

本記事の内容
  • 太りたくても太れない原因
  • 太るためにすぐできる改善策
  • 健康的にかっこよく体重を増やしたいなら筋トレが必須な話

この記事を読むと、自分が太れない原因と改善策がわかり、その改善策を実践することで必ず太ることができます。

さっそくいってみましょう。

太りたくても太れない原因5つ

太りたくても太れない原因で考えられるのが以下です。

  • 胃腸が弱く、消化吸収能力が低い。
  • 自分は食べている方だと思い込んでいるが、実は食事量が少ない。
  • 食事を抜いても割と平気。
  • ストレスをため込んでいる。
  • 病気が関係している。

順番にみていきます。

胃腸が弱く、消化吸収能力が低い

胃腸が弱く、消化吸収能力が低い人は太りにくいと言えます。

胃腸が弱い人は、下痢や便秘、胃もたれを起こしやすいよ。

1973年に岡田氏らが小腸生検で吸収不良について研究しました。その研究結果から少し引用します。

吸収不良のグループは健常者に比べて絨毛の形態が変化し、かつ萎縮していた。この萎縮は高さが最も著名であった。また、吸収不良のグループの小腸は断面積と表面積が減少しており、これは吸収面積の減少が強いことを示している。

引用:小腸生検による吸収不良症候群の基礎的ならびに臨床的研究

つまり、吸収不良の人たちは小腸の栄養を吸収する部分が小さいよってことですね。

これは体質や遺伝なので変えようがありませんが、食べ方や食べ物を工夫することで吸収しやすくできます。

後で解説しますね。

食事量が少なく、カロリー不足

太れない人は他の人に比べて食事量が少ないです。

いやいや、すっごい食べてるけど太れないんだよ!

こういう声が聞こえてきそうですが、これね、僕がガリガリだった時も同じこと喋ってたんですよ。

自分は食べている方だと思い込んでいるけれど、実際のところ食べる量が少なかったんです。

そして当時は次のような考えをもっていました。

  • 昼飯いっぱい食べたから夕飯いらないや。
  • お腹すいてないし、昼ご飯たべなくてもいける。
  • 昼ご飯食べるの面倒だし、夕飯でいっぱい食べればOK。

こうやって1食抜く始末。そして外食の時だけ沢山食べたりするんです。

これでは太らないですね。

こういう人は一歩下がって、自分の1日に必要なカロリー計算と、食事で摂っているカロリーを見つめなおしてみましょう。

食事を抜いても割と平気

これかつての僕なんですが、食事を抜いても割と平気な人は太れないです。

1日2食でもいけるんですよ。いや、いけないんですけどね。

食に対しての欲が少ないという感じです。

「美味しいものを食べたい!」とか「あれを食べにあそこに行くぞ!」とかが無かったですね。

なのでお腹がすいても、面倒だし1食くらいいいかって考えちゃうんです。

こういう考えがあると太れないですね…稀なケースだと思いますが。

ストレスをためこんでいる

ストレスは体に様々な悪影響を及ぼすのはご存じの通りですね。

  • 胃腸はストレスの影響を受けやすい
  • 食欲が低下する

ガリガリにとってもストレスは天敵です。

できるだけストレスをためない生活を心掛けたいところです。

病気が関係している

皆さんこれだけはあってほしくないと思いますが、痩せていってしまう病気があります。

それが甲状腺機能亢進症(バセドウ病)です。以下の特徴があります。

  • 眼球突出
  • 動悸、息切れ
  • 多汗
  • 甲状腺の腫れ
  • 体重減少

これ以外にもありますが、代表的なものです。

僕の身近でもバセドウ病の方がいまして、医師に「常にマラソンしているような状態」と言われたそうです。それで痩せていってしまうそうですよ。

心当たりがある人は早めに医師に相談した方がいいですね。

確実に太るための改善策

原因が分かったところで、次は改善策です。

  • 消化を補助するためによく噛み、酵素食品を多く摂る。
  • 1日3食+αを心掛ける。
  • カロリー計算をしてみる。
  • 軽い運動をする。
  • プロテインを活用する。

これを実践すれば間違いなく太れます。

酵素が多い食品を摂り、よく噛むようにする

消化を助けるために酵素が多い食品を摂るようにし、よく噛んで食べるようにしましょう。

食べ物は酵素によって分解、吸収される。

酵素は果物や野菜に多く含まれます。例えば…

  • リンゴ
  • キウイ
  • バナナ
  • 大根
  • 人参
  • ブロッコリー

こういったものですね。

ただし酵素は熱に弱いので、加熱せず生で食べることが効果的に摂取するポイントになります。

あとは胃腸が弱い人は良く噛むよう心がけます。

良く噛んでおくと消化と吸収がしやすくなり、体にも優しいですね。

1日3食+αを心掛ける

太れない人にとって1日3食はマストになります。

太るためには食べることが必須になりますからね。

これにおかずを1品追加してみたり、ご飯の量を少し増やしたりしてみましょう。

ただ、ガリガリにとって食事量を増やすのはかなり難しいと思います。

そこで食べやすいもので少しずつ食べる量を増やしていくことをオススメします。

例えば…

1日3食の内、1食だけ頑張って量を増やしたり、食後に食べやすいバナナを追加してみたりするだけでいいんです。

少しずつ量を増やしていけばOK。

そうすることで胃も大きくなり、だんだんと食べられるようになります。

いきなり食べる量を増やそうと思っても胃腸を悪くしたり、下痢したりします。長い目でみて少しずつやっていくのがいいですよ。

ちなみに僕の補食オススメはフルーツグラノーラ!

シリアルで食べやすいですし、こいつとヨーグルトを混ぜて食べると美味しいですよ!

酵素も摂れるので僕はしょっちゅう食べてましたね。

カロリー計算をしてみる

自分の消費カロリーを知っておくことはとても大事です。

「これくらい食べれば太るだろう」という予測がつかないからですね。

カロリー計算は結構難しい計算が必要でして、計算するには全農さんのおにぎりダイエット+ウォークというページがとても便利です。

数字を入れるだけだからとても簡単に計算できますよ!

そして、「18~29歳の人が1日に必要な推定エネルギー量」がこちら。

男性女性
身体活動レベルⅠ2,280kcal1,665kcal
レベルⅡ2,660kcal1,942kcal
レベルⅢ3,040kcal2,220kcal

レベルⅠ・・・生活の大部分が座位で、静的な活動が中心な場合。
レベルⅡ・・・座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客など、あるいは通勤・買い物・軽いスポーツ等のいずれかを含む場合。
レベルⅢ・・・移動や立位の多い仕事の従事者。運動習慣をもっている場合。
※男性63kg、女性50kgで計算した場合の消費カロリーです。

参考:日本医師会「1日に必要な推定エネルギー量」

いかがでしたでしょうか。

おそらく男性であれば、1日2500kcal以上はとらないと太れないと思います。

誰であろうと、摂取カロリーが消費カロリーを上回っていれば確実に太ります。

今回のカロリー計算を元に食事や間食を見直してみると良いですね。

軽い運動をする

軽い運動はオススメです。短時間の散歩やウォーキング程度でOK。

  • 代謝が良くなり食欲が増す。
  • 血行が良くなり胃腸の働きが良くなる。

「運動したらますます痩せね?」って声が聞こえてきそうですが、これらの効果があるためできたらやってみるのが良いです。

プロテインを活用する

プロテインには体重を増やしたい人用のがあります。

いわゆる増量用のホエイプロテインというやつです。

こういうのですね。一時期、僕もこれ飲んでました。

これもいいんですが、僕はホエイ+カゼインのハイブリッドプロテインをオススメします。

ホエイはタンパク質が多く含有され、即吸収されるタイプのプロテインですが、カゼインは7~8時間かけてゆっくり吸収されていくのが特徴です。

これを寝る前に飲みます。

寝ている時は食事ができず、エネルギーが枯渇状態になり、筋肉が分解される異化(カタボリック)が起こりやすい状態です。

異化(カタボリック)については筋トレを食後にやる場合は何時間くらい空ければ良いのかという記事で詳しく書いています。

カゼインを飲んでおくとゆっくりとエネルギーが供給されるので、体重維持につながります。

だから僕はホエイ+カゼインを寝る前に飲むことをオススメします。

健康的に太りたいなら筋トレが必須な話

体重を増やして太るだけなら筋トレはいりません。

しかし、かっこよく健康的に体重を増やして体を大きくしたいなら筋トレは必須です。

理由は以下の通り。

  • 身体が引き締まるから
  • 病気の心配がなくなるから

この2つに尽きますね。

身体を引き締めるために必要

筋肉がないと、どうしてもだらしない体になってしまいますね。

典型的なのが、ぼよんと出たお腹です。

筋トレなしで太ることができた場合、確実にお腹はでてきます。

おそらく今度は、「腹を引っ込めたい」という思いがでてくるでしょう。

すると、痩せるか筋トレするかの2択になります。

結局かっこいい体型になりたい場合、必ず体を引き締めるために筋トレが必要になってくるんですよね。

筋トレをしないと病気の心配がでてくる

筋トレをしないで太った場合、病気に気を付ける心配がでてきますね。

  • 生活習慣病
  • 膝痛や腰痛

太ると中性脂肪が高くなりやすく、生活習慣病のリスクが高くなります。

また、体重が重くなると膝や腰に負担がかかるので、膝痛や腰痛に悩まされることもあるかもしれません。

これで病院にいくと「筋肉つけましょう」とかって言われるんです。

筋トレはこれらの予防にもなるので、健康的に太りたいのであれば筋トレは必須ってわけですね。

太れない原因と太るための方法まとめ

太れない原因はつぎのとおり。

  • 胃腸が弱く、消化吸収能力が低い。
  • 食事量が少ない。
  • 食事を抜いても割と平気。
  • ストレスをため込んでいる。
  • 病気が関係している。

これらを改善し、確実に太る方法が以下。

  • 胃腸が弱ければ酵素を含む食品を食べ、よく噛むようにする。
  • 1日3食を必ず摂り、補食を少しずつ多くするようにして食べる。
  • カロリー計算をして、自分の1日の消費カロリーと必要カロリーを知る。
  • 軽い運動を行い、食欲増進と胃腸の活発化を狙う。
  • ホエイ+カゼインプロテインを寝る前に飲む。

これらを徹底しましょう。

そして筋トレをする、しないは自由だが、僕は筋トレをオススメします。

理由はかっこよく健康的に太るためです。

僕もこれらの方法で7kg増やすことができました。

間違いなく実践すれば確実に太ることができますので、頑張ってみて下さいね。

以上で終わりにしたいと思います。